プラセンタが更年期障害に効く

プラセンタが更年期障害に良いという事を一度は聞いた事がある人もいると思います。
では、なぜプラセンタが更年期に良いのでしょうか?

 

まず、更年期障害とは女性の閉経前後10年くらいに起きる
女性ホルモンのバランスの乱れによる様々な症状の事を言います。
バランスが崩れる原因は脳からホルモンを分泌するように指示が出ても
女性ホルモンのエストロゲンが分泌されにくい状態になってしまい
その状態が続くことで乱れてしまっていると考えられています。

 

症状としては本当に様々で、多汗、いらつき、めまい、耳鳴り、
疲労感、肩こり、のぼせ、ほてりなどなど。

 

これらの症状の度合いは人によって大きく異なります。
ちょっと疲れやすいな…という程度の方から、通常の生活をおくるのも
ままならないというような人までいます。

 

生活に支障をきたすレベルの症状であれば、すぐに医療機関を
受診する事をおすすめします。そのまま放っておくとますます
悪化する可能性もありますから早めに病院にいきましょう。

 

ただ、仕事があるからなかなか休んで病院に行けない…という人もいると思います。
そういった方は、病院に行けるようになるまでは市販の医薬品を
一旦は飲んでおくというのも手です。薬を避けたい場合はサプリメントですね。

 

サプリメントは症状が軽いという人にもお勧めです。
疲れ、肩こりなどであれば、幾分症状も軽くする事が出来ると思います。
サプリメントだと、プラセンタが良いと思います。
プラセンタにはホルモンバランスや自律神経を整える働きがありますし、
様々な栄養素が含まれているので、疲労軽減などにも効果を発揮します。

 

 

最近では、日常的なストレスなどから若い方でも更年期の症状を発症するケースが
増えてきているそうです。何か自分の中で不調を感じたら
周りの人に相談するなどして、早めの対処を心がけましょう。